糖ダウンの有効成分はALA

糖ダウンの成分は以下のとおり。
糖ダウン 成分

 

 

でんぷん、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/HPMC、クエン酸第一鉄ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン)

 

有効成分のALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)は、1粒につき15mg配合されています。
糖ダウンプラスは、1.7倍配合で、25.5mg配合。

 

amazonの、他のALAサプリと比べても配合量、コスパともに良いです。

 

ララ・ソロモン インナービューティーサプリ ALA+亜鉛

↑1粒あたりALA10mg配合 30粒 4,104円

 

5-アミノレブリン酸 サプリメント

↑コスモ石油 1粒あたりのALA 10mg × 90粒 8,600円。

糖ダウンの作用機序は、糖の代謝の強化

強化
「糖の吸収を邪魔するのでなく、糖の代謝を強化する」
という作用機序。

 

作用機序とは、薬理学で使われる言葉です。
薬が人体にどんな効果をもたらすのか、ということを表します。

 

糖ダウンは、どういうふうに血糖値に働くんでしょうか?

 

こちらの論文に、ALAの働きを考察した情報が出ていました。

 

アミノレブリン酸給与が肥満犬の体重・体脂肪量及び血液性状に及ぼす影響(日本獣医生命科学大学ほか)

 

平たく言うと、「ALAでデブ犬がやせた!」ということ。
対象は犬ですが、人間と同じ哺乳類ということで、そこそこ参考にできそうです。

 

ALAからヘムが合成される

ヘムはシトクロム類やカタラーゼ等の補酵素となる

ミトコンドリア酵素活性を上げる

ミトコンドリアがATPを産生

体内の脂肪酸はATPを利用しβ酸化され代謝

体内の脂肪蓄積量が減少

 

すごく難しいですね…。
ミトコンドリアが活性化されてエネルギーを生み出すため、脂肪が代謝されて減る…という流れのようです。

 

ちなみに、5-ALAは人間を使った臨床試験も行われています。

 

ALAを飲んだ臨床試験で安静時の体温上昇を発見。(京都府立大学)
生物工学会誌 第95巻 第9号より

 

それが何を表しているんでしょう?

 

燃えているんですね。運動もしてないのに、体内で糖が燃えているんです。

 

一般の糖対策サプリは、腸から糖を吸収するのをジャマするというもの。いっぽう、5-ALAは、体内に取り入れた糖の代謝や燃やす力を強化。
ALAは、新しいタイプのサプリと言えるでしょう。

 

なぜ糖の代謝が強化されるのかは未確認です。
ミトコンドリア機能を改善することで、代謝が良くなると考えられています。

 

糖ダウンの効果は、臨床試験で認められている

試験
臨床試験で、結果が出ています。
ただし、「血糖値が高めの人」限定です。

 

5−ALA(アミノレブリン酸塩)を配合した健康食品の臨床試験
糖ダウンが消費者庁に届け出している内容

 

結果から言うと、212人に試して、空腹時血糖値が改善した、という結果が出ています。

 

試験対象:35歳〜70歳の212人の成人
軽度高血糖者(空腹時血糖値が105mg/dl〜125mg/dl、またはHbA1Cが6.1%〜7.1%)

 

1日1回摂取
期間:3ヶ月摂取終了後の値と、1ヶ月摂取終了後の値を比較

 

糖尿病の人に対して試験すると、人体実験だ!ということになり倫理的に問題があるそうです。
そのため、血糖値が高めだけど、糖尿病ではない人を対象にしています。

 

広島大学疫学研究倫理委員会の商品を得て実施。

 

4群に分けて試験しました。

 

  • 対照食:ALA 0mg + 鉄 0mg
  • 試験食A:ALA 5 r + 鉄0.6mg
  • 試験食B:ALA 5 r + 鉄1.8mg
  • 試験食C:ALA15 r + 鉄1.8mg

 

対照食とAを比較 →  空腹時血糖値改善
AとBを比較(鉄の量を増やした) → 空腹時血糖値は改善せず
BとCを比較(ALAの量を増やした) → 空腹時血糖値が改善

 

その結果、軽度高血糖者の空腹時血糖や食後血糖を改善する作用が期待できると、結論しています。

 

ただし、糖ダウンは、機能性表示食品のため、病気を治す効果は確認されていません。

 

糖尿病が改善することが確認されているわけではないので、その点は注意しましょう。

糖ダウンを飲むタイミングはいつでもOK

水で飲む

 

公式サイトによると、糖ダウンは1日1粒いつ飲んでも良いとのこと。
食後に飲めば効果が変わるということはない、ということです。

 

薬は、食後に飲むものが多いです。
これは、食べ物と一緒のほうが吸収が良くなることや、空腹で飲むと刺激が強くて胃が荒れるのを防ぐのが目的。

 

糖ダウンの場合も、そういうのないんでしょうか?
いつ飲んでもいい、とか言われると逆に疑ってしまう…。

 

調べてみると「いつ飲んでもいい」という根拠が見つかりました。

 

5-ALAの体内動態(体の中でどのように吸収されるか)は、詳しく調べられています。

 

サプリとして飲んだ5-ALAは、上部消化管(食道、胃、十二指腸)から吸収されます。
その吸収率はほぼ100%。

 

水溶性が高いため、アルブミン(血液中のたんぱく質)などに吸着されないたので、血液に乗って全身に届きます。

 

参考)臨床試験に基づいた5-アミノレブリン酸リン酸塩含有機能性表示食品の開発

 

どんな条件でも吸収率は、ほぼ100%だから気にする必要ないよ、ということみたいですね。

糖ダウンの健康被害情報 因果関係特定できない2件

疑問

 

2010年から約370万食と、実績多数である点と、安全性試験をおこなって、安全性を確認しています。

 

糖ダウンが消費者庁に届け出している内容より

 

糖ダウンの健康被害情報としては2件ありました。

 

詳細は報告されていませんが、販売会社の調査によると…

 

健康被害は重篤なものではなく、体調不良などの複雑な要因が絡んでいて、糖プラスを摂取したこととの因果関係は特定できなかった。

 

糖ダウンを飲んだ後に具合が悪くなったのは事実。
だけど、その原因が糖ダウンかどうかは確認できなかった、ということですね。

 

妊娠中には、飲むべきではない

糖ダウンは、臨床試験で「病気療養中ではない成人」のみを対象にしています。
以下のかたが飲むことは想定していないので、避けたほうが良いと思います。

 

  1. 子ども
  2. 病気療養中(糖尿病など)
  3. 妊娠中、
  4. 授乳中

ALA(5-アミノレブリン酸)の現在までの研究成果

研究者

 

ALAがスゴイスゴイ言うけど、いったい何なの?
聞いたこともないし!と、以前は思っていたので色々調べました。

 

プラチナよりも高価なアミノ酸、ALA

当時、ALAはプラチナよりも高価と言われていました。

 

1997年の論文によると、ALAはグラムあたり数万円で、研究試料として流通しているだけだったと言います。

 

関連)1997年の5-アミノレブリン酸の論文

 

ところが、1999年にコスモ石油の研究グループが、発酵法でALAを大量合成する方法を確立

 

ここから、色んな分野でALAが使われるようになっていきます。

 

農業への応用 除草剤兼、成長促進剤

ALAには光増感性があり、植物に散布すると、光を当てると植物が枯れるようになります。
光合成が過剰に起こって、自滅してしまうんですね。

 

このため、低毒性の除草剤として応用が注目されています。

 

かかる費用は10a(10m x 10m)で、約5,000円ほど。
かつてグラム数万円だったころと比べると、相当安くなってますね。

 

そして、なんと…

 

濃度を薄めたALAを散布すると植物の成長が促進されます。

 

なお、光を当てることが必須で、マグネシウムや鉄を併用するとさらに有効。

 

ALAの植物成長促進効果を応用した液体肥料が、世界中で販売されています。

 

例えばコレ↓ 会社名からして、コスモ石油系の会社かな?

 

コスモALA株式会社 ペンタガーデンValue 450ml

新品価格
¥1,750から
(2019/8/18 05:47時点)

 

これ、面白くないですか?

 

濃い目に使うと草が枯れ、薄めて使うと草が育つ。

 

ロールプレイングゲームの回復魔法で、威力が強すぎると攻撃魔法になるみたいな。

 

成長促進効果を応用して、塩害で植物が育ちにくい地帯で作物が育てられないかとか、沙漠(雨の降らない乾燥地)を緑化するために使えないかと研究が進められています。

 

がん診断への応用

ALAを使うと、人体のがんの箇所を発光させることができます。
これを応用して、光線力学診断(PDD)などに使われているんですね。

 

目で見てわかるようになるので、これまで見落とされていたガン組織の取り直しが少なくなり、手術後の無再発生存率が26%も改善したとか。

 

膀胱癌を赤く発光させる診断用経口薬:日経メディカル

 

ただし、ALAによる検査を免れるがん細胞も存在することがわかっていて、別の方式との併用で改善がすすめられています。

 

癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見―癌の再発リスクを抑える診断・治療法の開発に期待― | 東工大ニュース | 東京工業大学

 

ニキビ治療に応用

ALAを摂取すると、皮脂腺や毛包細胞に取り込まれてポルフィリン(光に反応する物質)を産生します。

 

その後、光を当てると強い活性酸素を発生させ、ニキビ原因のアクネ菌や皮脂腺の細胞を破壊するんですね。

 

PDT(フォトダイナミックセラピー 光線力学療法)と呼ばれる治療方法で、現在、美容外科などで実用されています。

 

PDT | 施術内容 | 美容皮膚科の銀座スキンクリニック

 

ミトコンドリア機能活性化

ミトコンドリアは、年齢と共に活性が低下します。

 

マウス実験では、ALA投与でマウスのミトコンドリア活性が上昇。

 

なお、ALAが不足した状態で20週齢を超えたマウスには、耐糖能異常やインシュリン抵抗性といった糖尿病で見られる症状が観察されています。

 

人間での臨床試験は行われていないのですが、妊活など「ミトコンドリア機能を活性化したい!」という目的でALAサプリを飲む人も少なくありません。

 

糖尿病予防のための研究

軽度の高血糖患者に対する試験で、ALAは空腹時および食後血糖値を低下させることがわかっています。
(2013年のアメリカの論文)

 

参考)ヘムの前駆体,5-アミノレブリン酸は,軽度の高血糖患者において空腹時および食後血糖値を低下させる | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター

 

なお、試験ではALAと鉄分を同時に摂らせたケースが、もっとも試験結果が良かったようです。

 

ヘルスケア分野への応用

ひとつの成分で、全く違う働きをするALA。

 

ALAはもともと、人体で1〜4g/日 生合成されます。
赤ワインや甘酒などにも含まれていて、食物からも取ることできます。
(だけど、食べ物から取れるのはせいぜい数mg)

 

水溶性のALAは、尿中に排出されますが、その量がやけに少ない(数mg)ことに注目した研究者がいました。

 

このことから、ALAは生合成されたらすぐに代謝して使われる重要な物質だと考えられています。

 

関連)生命の根源物質 5-アミノレブリン酸(ALA)の多彩な応用

 

現在、糖ダウンの販売元からは「睡眠の質をあげる」「美肌を促進する」というALAサプリが販売されています。