糖ダウンをお試しして、空腹感を克服

血糖値に着目したサプリ、糖ダウンを試してみました。
私の中年太りはどうなったんでしょうか?

 

 

糖ダウンは、食後血糖値の上昇を穏やかにするサプリ。
ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)が配合されています。

 

厚生労働省から、以下の表示を許可された、機能性表示食品です。
「本品は5−アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)を含みます。ALAは高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。血糖値が高めの方に適しています。」

 

5-アミノレブリン酸リン酸塩という長い名前の成分は、ALA(アラ)と呼ばれ、2013年から健康食品に配合されていて、約2,720万粒の販売実績あり。

 

ALA配合のサプリとしては、配合量が多く(1粒15mg)、値段も比較的安いのが特徴です。

 

糖ダウンを飲んでみた 味も匂いも問題なし

糖ダウン

 

1日1カプセル、一袋に30カプセル入りです。

 

ALA 15mg入り

 

有効成分のALAは、1粒に15mg配合。

 

15mgって、十分な量なの?

 

糖ダウンが厚生労働省に提出した文書を調べてみました。

 

機能性関与成分を25mg/日摂取することによる科学的根拠は妥当であると見込まれる。

厚生労働省 糖ダウン 届出食品の科学的根拠等に関する基本情報

 

というわけで、ほんとは25mg摂るのが理想っぽいです。

 

糖ダウンにはALA1.7倍配合の「糖ダウンリッチ」というのがあります。
リッチを選ぶと1.7倍=25mgの理想的なALAが一日で摂れるんですね。

 

まー、でももう買っちゃったし、通常版でとりあえず行きます。

 

その他成分は、こんな感じ。
成分

 

袋の中には、シリカゲル(乾燥剤)が入っていました。サプリ30粒って、あんがい少ない印象。

 

シリカゲル入り

 

小皿に出してみました。

 

糖ダウン カプセル

 

白っぽいカプセルに入ってて、ニオイはナシ。成分が完全密閉されてるみたいです。

 

水で飲みました。
うーん、どうなんでしょう。

 

すぐに何かを感じることはなかったです。

 

ニ週間で食後の眠気と、空腹感に実感

早い段階で実感できたのは、「食後の眠気」が軽くなったこと。

 

平日は外食が多い私は、量が多目の定食を食べると、午後は眠くて眠くて、ガックンガックンと舟をこぐ有り様でした。
気が付くと意識が飛んでいて、
「はっ!今、何分か寝てた?」
ということもしばしば。

 

それが、なくなりました。

 

多少の眠気は感じますが、居眠りしてしまうことがなくなったんです。
これは、確実に実感できました。

 

また、仕事の関係で夕食の時間が不規則だった私は、ついつい夕食を食べ過ぎていました。
空腹感が頂点に達して、飢えた犬のようにガフガフと食べる晩飯。

 

それが、人間の理性を取り戻したというか、食欲がコントロールできるようになりました。
「夜だから、食べ過ぎちゃいけないな」とセーブできるようになっていました。

 

おなかが「クゥゥウ〜」となっている状況でも、頭は冷静。
今までの私は、血糖値の変化に支配されて、何も考えられなくなってたんだなぁ…。

 

口コミで見かけた「朝の目覚めがスッキリ」と「体が熱くなる」は、イマイチ実感できませんでした。

 

ただし、血糖値の変化はわかりません。
血液検査しないとチェックできないのがもどかしい。

 

血糖値を計測できる機械が欲しい!

ALAは、食後血糖値の上昇が抑えられるのがウリ。
血糖値って、どうやって測るんだろう…

 

一般的には、専用の機械で指先を刺して、血を出して計測するそうです。
(糖尿病の人向けの、家庭用計測器)

 

最近では、フリースタイルリブレという、刺さなくていい血糖値測定器が出ているみたいですね。

 

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

 

リーダー(読み取り装置)と、センサーが別売りで、セットで1万5千円くらい。センサー1個で2週間計測可能。
こいつのいいところは、血糖値を24時間常時計測して、グラフ化してくれること。

 

日に4度とかの定時計測ではわからない、血糖値の変化がわかるんですね。

 

血糖値の変化グラフ
持続血糖モニターに関する記事(科学技術振興機構 J-STAGEより)

 

常時計測してはじめて、食後血糖値がガン!と跳ね上がることがわかるんですね。
白米の大量食いをしたりすると、目に見えて数値が跳ねる、amazonの口コミにありました。

 

あー、この機械があったら、もっと面白くレポートできたのに!ちょっと楽しそう!

 

ALAは、犬の試験では1ヶ月で結果が出ている

血糖値が見られないので、上昇が抑えられてるかどうかはピンと来ません。

 

眠気の軽減と、食欲を制御できてる感はありますが、それが本当にダイエットにつながっていくのか。

 

実際、どれくらい飲み続ければ、実感できるものなんでしょうか?

 

ALAを犬に与えた時の、試験記録がありました。

 

高カロリー高脂肪な餌を、ビーグル犬8匹かにバクバク食わせて、一方のグループにはALAを与えるというもの。

 

えっ?その実験ひどくない?と思いましたが、36日限定とのことなので、セーフ…なのかな。

 

36日後…

 

ALAなし餌の犬=体脂肪率変化 +11.76%
ALA入り餌の犬=体脂肪率変化 +6.4%

 

というわけで、脂肪の付き方が倍違う、という結果になりました。

 

極端な犬の実験で36日間ですから、人間の日常で実感するには3ヶ月位かかるかなぁ。

 

1ヶ月で2キロ減 継続します。

2週間で、食後の眠気と食欲の制御感が実感できたので、「何かが起こってる」ということは感じていました。

 

心なしか、頭もスッキリしているような気がします。

 

私は飽きっぽいので、何もなかったら2週間も続いていなかったかも。

 

30日後。

 

体重が2.1キロ減りました。
どの時点で減ったのか、こまめに体重チェックしてなかったので不明。しまった。

 

実感として、この2キロは空腹感を制御できた結果だと思います。

 

この調子で3ヶ月で5キロ位減れば悪くないかな。

 

意志の弱い私のような人には、実感しやすいサプリかも知れません。